ヒップアップには「内もも」がポイント

最終更新日

2018年もひと月が過ぎ、春に向けた体型の悩みとして

ヒップの形

が一番という方も多いのではないでしょうか?

 

なぜかヒップのトレーニングをたくさんしているのに痩せない。

こんな方が多いように思います。

 

この理由として、

✔日常生活で内ももがうまく使われていない

✔ヒップよりも太もも優位で歩いている

 

歩くときから「内もも」をきちんと使えること。

これが非常に大切です。

 

これができない人は結果的に、

歩くときに筋肉で身体を支えることができず、

ヒップを”フリフリ”しながら歩く、ペンギン歩きのようになってしまいます。

 

もう、お分かりですね?

 

この状態では、ヒップをうまく使えていないのです。

つまり、

 

内ももを使って歩ける

そのことでヒップにもきちんと力が伝わる

綺麗な歩きかたで、日常がエクササイズになる

 

というサイクルです。

 

ということで、

本日は「内もも」を使いやすい状態にするための

簡単なストレッチをご紹介したいと思います。

 

ポイントは

持続的に伸ばすのではなく、軽く動きながら伸ばすことです。

 

筋肉は持続的に伸ばされることで、日常での使用頻度が減ります。

逆に、数回動く=伸び縮みを行うことで

筋肉がその筋肉が使われやすい状態になるのです。

 

■ストレッチ画像

1)四つ這いの状態になる。

足は肩幅より少し広めに開きましょう

前から見るとこんな感じ⬇︎

 

2)その状態から股関節をゆっくり曲げます。

お尻を後ろに突き出すイメージです。

 

3)次は、写真のように股関節を伸ばしましょう。

これを前後に繰り返します。

 

ポイントは、

腰が丸まらない

→骨盤が前傾するのでストレッチ効果が上がります

 

内転筋の伸びを感じる

→きちんと伸びていないと意味がないです

 

です。

 

おそらく、後ろに曲げた時に

股関節が痛い

という方も多いかもしれません。

 

日常生活で使うべき筋肉を使う。

そのためにエクササイズで身体を整える。

 

このように考えるとより結果に結びつきやすいと考えています。

 

ヒップのエクササイズでなかなか結果が出ない、、、

という方はご参考にしてください。

シェアする

Join D’ACTION

D'ACTIONで、
自分らしい、ナチュラルなカラダへ。

最短2ヵ月で理想の身体を手に入れよう