夜の暴飲暴食について・・・

最終更新日

新年度が迫ってくるこの季節。

 

お仕事も家事も大忙しのはず、、、

 

朝ごはんも食べられず。

お昼ご飯が15時頃になってしまう。

なんて人も多いはず。

 

そうすると、自然と夜ご飯の時間帯も

遅くなってしまい

0時〜1時頃に食べてしまう

我慢しようと思っても空腹で寝られない、、、

 

こんな流れが出来上がってしまうと大変です。

 

今回はそんなお話しです。

朝は誰しもが血糖値が低下しています。

本来は朝ごはんを食べることで

血糖値を適度に上げてくれるのですが

 

お昼ごはんが最初の食事。しかも15時頃なので食べ過ぎてしまう。

すると

急激に血糖値が跳ね上がります

そうするとインスリンホルモンが大量に分泌され、

再び血糖値の急降下を引き起こします。

 

そして仕事も終わり

自宅に帰った22時〜23時頃。

降下しきった血糖値を上げるため

食欲が止まらなくなってしまう、、、

 

急激な血糖値の上昇は

先ほどお話しした、インスリンの大量分泌により

一気にすぐに急降下してしまうため

また食欲がやってくる

 

結果としてアイスや間食に手が伸びる

という図式になってしまいます。

 

ここで知っておいて欲しいのは

迫ってくる過剰な食欲

いかにして抑えるかということです。

 

次回は続編として、

具体的な「食べ方」について

お話しします!

 

お楽しみに^ ^

シェアする

Join D’ACTION

D'ACTIONで、
自分らしい、ナチュラルなカラダへ。

最短2ヵ月で理想の身体を手に入れよう