正しい有酸素運動の方法(ダイエット編)

最終更新日

ダイエットにおいて

非常に多い質問

有酸素運動は必要なのか?

 

◯20分以上行うことがよい!

◯痩せるためにはしない方がよい!

 

など言葉だけが一人歩きしがちです。

 

 

今日はそんな問題を

きちんと理論に基づいて解決です

 

そもそもカロリー消費をする運動を分解すると

・有酸素運動

・無酸素運動

・日常生活

・安静時(寝ている時など)

 

4つがあります。

なかでも有酸素や無酸素運動は

糖質のエネルギー生成が大きいとされています。

 

つまり、脂肪のエネルギー消費が少ない

ということです。

 

最近言われる有酸素運動の特徴として

20分を境に糖質よりも脂肪の消費が大きくなる

◯有酸素の時間が長くなると身体が省エネモードになる

 

1つめは知っている方も多いかとは

思いますが、意外と知られてないのが

2つ目の省エネモードのお話しです。

 

 

そこで有酸素運動をダイエットに取り入れる際の

効果的な方法をご紹介します。

 

✔運動時間を1回20分、週2〜3回ほどに抑える

→先ほどお話ししたとおり、有酸素運動は長時間になると

身体が省エネモードになります。

省エネモードとは、代謝が燃えにくくなる

ということです。

なので時間設定をしてあげて、エネルギー消費を低下させないことが

大切です。

 

 

✔運動前後の1時間は糖質はとらない

糖質はエネルギーになりやすい性質があります。

スポーツなどでは大切ですが、ダイエット的には良くないです。

脂肪を消費する準備ができなくなるのです。

 

 

もちろん、そもそも

有酸素系のジョギングや自転車などが

好きな方は無理に抑える必要はないと思います。

 

ですが、本当は嫌だけど続けている

なのに結果が出ない

 

という方はぜひ、意識してみてください。

シェアする

Join D’ACTION

D'ACTIONで、
自分らしい、ナチュラルなカラダへ。

最短2ヵ月で理想の身体を手に入れよう