朝トレを行う3つのメリット

最終更新日

忙しくてトレーニングに時間が取れない、、、

いつ行うのがいいかわからない、、、

 

という方も多いはず。

 

この時期はとくに仕事が忙しくて

なかなか運動ができない。

 

やったとしても、

なんとなく疲れていて

続かない。その後にすぐ眠たくなる

 

などなかなか順調には続きません。

 

そんな方にオススメするのが朝トレです。

朝=午前中に運動を行うことには多くのメリットがあります。

 

 

朝は血中インスリン濃度が低いため、脂肪燃焼効果が高い

→アスリートの減量時期やダイエットの方にはオススメです。

 

テストステロンという筋肉ホルモンの分泌量が高まる

→起床時に筋肉増強にかかせないテストステロンが高まるという研究が多くあります。

その状態での運動は筋力アップには効果的です。

 

集中力が高まる

→運動後の活動は集中力が高まるという研究が多くあります。

代謝向上や血流促進という観点からも朝の運動を日課にしている

ビジネスマンも多くいます。

 

 

ただ注意点としては、

早朝の運動は怪我がおきやすい

→身体が目覚めきっていない状態では、怪我のリスクがあります。

対策としては、ストレッチや体操などの準備運動を行うこと。

当たり前のようですが、これが非常に大切です。

 

睡眠不足につながる可能性がある

→頑張り屋な方はとくにですが、負荷量を高く設定してしまうことが多いです。

あくまで、自分が「心地いい」と思える負荷量で行うことをオススメします。

 

 

朝の運動に一番オススメなのは

朝練前に軽くなにかを食べてから運動を行うこと

 

エネルギーの不足

筋肉量の減少

倦怠感

疲れやすさ

 

につながる可能性が高いので、

軽く食べられる

おにぎり、パン、スープなど

何かしらを取り入れてから運動を行うといいです。

 

 

今回のお話しはあくまで一般的な内容です。

そして、大切なのは

自分がなにを選択するか

ということです。

 

朝運動のメリットデメリットを考慮して、

自分で意識的に選択することが

大切だと私は考えています。

 

 

ぜひご参考にされてください!

 

 

シェアする

Join D’ACTION

D'ACTIONで、
自分らしい、ナチュラルなカラダへ。

最短2ヵ月で理想の身体を手に入れよう