筋トレ前は食事をとるべき?とらないべき?

最終更新日

ジムなどでトレーニングを

する際に

食事をとるか否かで迷う方も多いはず。

 

減量のためだと言って

朝から何も食べずにトレーニングを

する方も多いですが

果たして良いのでしょうか?

 

 

答えから言うと

極端に空腹でのトレーニングは低血糖症状

可能性があります。

 

たしかに減量が目的の場合、

空腹状態でのトレーニングで

脂肪燃焼効果を狙うという人も

いますが、

 

絶食など極端に

空腹の続く状態でのトレーニングは

糖質が不足しすぎて

低血糖を起こす可能性があります。

 

低血糖の症状としては

めまい

ふるえ

意識の低下

などです。

 

なんとなく頭がぼーっとする

などの症状を感じたことがある方も多いと思います。

 

 

また、身体をつくる=バルクアップ(大きくすること)

が目的の場合は

何も食べていない状態では

筋肉の材料となるタンパク質

足りず、効果が得られにくいです。

 

そこで本日はトレーニング前に

オススメ時間別メニューを紹介します。

 

 

トレーニング2時間前

・おにぎりなどの炭水化物(食物繊維や脂質を含まないもの)

・ホエイプロテイン

 

運動時に胃の中に

食べ物が残らないこと

が大切です。

 

2時間もあれば消化も進み、

炭水化物はトレーニング時のエネルギー源になります。

 

揚げ物などの脂質が高いメニュー

時間が経っても胃に残りやすく避けるべきです。

 

 

トレーニング30分前

・バナナ、ゼリー飲料での炭水化物

・水に溶かすタイプのアミノ酸飲料(BCAAなど)

 

運動の直前には、消化吸収が速やかに行われるゼリー飲料などがオススメです。

肉系やサラダなどは吸収に時間がかかり、

運動時に胃に溜まってしまって

気分不快に繋がりやすいです。

 

 

運動前の食事摂取

意識してほしいのは

体内への吸収速度の関係です。

 

栄養素体内に吸収された状態

トレーニングができることが

理想的です。

 

トレーニングの効果を最大限

引き出すためにも

ぜひ運動前の食事にも気を配ってみましょう。

 

 

シェアする

Join D’ACTION

D'ACTIONで、
自分らしい、ナチュラルなカラダへ。

最短2ヵ月で理想の身体を手に入れよう