ダイエットに「筋トレ」の効果が有効な理由。

最終更新日

体脂肪を落としたい時に

・有酸素運動(ランニング、水泳など)

・食事制限

・エステ

 

など様々な方法が広まっていますが、

「筋トレ」はどういった効果があるのでしょうか?

 

筋トレには

「脂肪がつきづらいカラダを作る」

という効果があります。

 

筋トレをすることで

太りにくいカラダに変化させることが出来るのです。

 

今回は、「筋トレ」をすることで

どうして太りにくいカラダになるのか?

 

運動初心者の方にも理解できるように

わかりやすく解説します。

 

 

知っている方も多いとは思いますが、

「筋トレ」をすることで筋肉量が増える

 

すると基礎代謝量という数値が上がります。

 

基礎代謝(Basal Metabolism)とは?

何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために自動的に

行われている活動。

じっとしていても燃やされるエネルギー量(カロリー)

 

基礎代謝が上がるということは

1日でエネルギーとして消費されるカロリーの量が

増える。

 

つまり、消費カロリーが増える=脂肪が燃やされる

ということになります。

 

 

体脂肪とは

摂取したカロリー量から使われずに余ってしまった

エネルギーがカラダに残った結果です。

 

つまり、基礎代謝が上がり

1日の消費カロリーが増えるということは

カラダにカロリーが余りずらいということになるのです。

 

 

筋トレをするとガッチリした体型になってしまう・・・

そんな不安を抱える方もいますが

 

ダイエットという観点で考えると

「筋トレ」は非常に大切。

 

むしろ、必須とも言える方法の1つだと

考えています。

 

 

シェアする

Join D’ACTION

D'ACTIONで、
自分らしい、ナチュラルなカラダへ。

最短2ヵ月で理想の身体を手に入れよう