ダイエット中でも食べたい…。そんな人にオススメの満腹感を感じられる間食5選

最終更新日

はじめに

 

美しい体型を目指して

ダイエットに励んでいる時は、

 

 

食事のカロリーを控えめにしているため、

小腹が空いて間食を食べたくなって

しまうこともあるでしょう。

 

 

せっかく食事制限をして

3食気を付けて食べているのに、

間食でカロリーオーバーしてしまっては

元も子もありません。

 

 

当記事ではダイエット中でも

間食を食べたい人にオススメする

 

満腹感を得られやすい間食

について紹介します。

 

 

適度な間食で小腹を満たすことができ、

その上ダイエットにも

味方するというのであれば嬉しい限りです。

 

 

 


『寒天』はダイエットに向いているおやつの代表格

 

寒天は昔から低カロリーで

満腹感を得られやすいとして

ポピュラーな食品です。

 

 

寒天の原料は

テングサやオゴノリといった種類の海藻です。

 

 

海藻を加工して寒天が作られているので、

砂糖などの糖分が何も入っていない寒天

そのものであれば0kcal(ノンカロリー)です。

 

 

寒天には水分を吸収して膨らむ性質があるので、

寒天を食べると満腹感を得られやすくなります。

 

 

ノンカロリーであるのに

食物繊維が豊富な食品ということで、

 

 

便通にも効果的であり

お腹をすっきりさせてくれる効果も

期待できます。

 

 

スーパーやコンビニでは

0キロカロリーの寒天ゼリーが

よく売られていますので、

 

 

お手軽に寒天を食べたい場合は

そのような物を購入してみるのも良いでしょう。

 

 

粉寒天を使用すれば

比較的簡単に自分で寒天のおやつを

作ることもできます。

 

 

☆☆☆

しかし、ここで一つだけ注意したいのが、

先ほども述べたように

 

寒天にほとんど何も入れなければ

超低カロリーのおやつになりますが、

 

それでは味がしないからと

  • 砂糖をたくさん入れたり
  • 黒蜜やクリームをたっぷりかけてしまうと

 

あっという間に高カロリーのおやつ

出来上がってしまいます。

 

 

ダイエット食として寒天を食べる場合には、

寒天に合うからと言って

一緒に高カロリーの物を

摂り過ぎないようにしましょう。

 

 

 


『ヨーグルト』は
栄養豊富でお腹もすっきり

 

ヨーグルトは

カルシウムや乳酸菌、たんぱく質を多く含み、

とても栄養豊富な食品です。

 

 

人の腸内には多くの細菌が住み着いていますが、

  • 悪玉菌と呼ばれる腸内環境を悪化させる菌
  • 善玉菌と呼ばれる腸内環境を良くする菌

 

が常に勢力争いをしています。

 

 

ヨーグルトに多く含まれる

ビフィズス菌などの乳酸菌

善玉菌の仲間であり、

腸内環境を整えてくれます。

 

 

腸をはじめとした消化器官の調子が良いと

代謝が良くなり、健康的で痩せやすい身体を

作ることができます。

 

 

加糖されているヨーグルトは

糖分が多くカロリーが高い場合があるので

 

間食にするヨーグルトを選ぶ時は

カロリー控えめの物を選ぶと良いでしょう

 

 

飲むヨーグルトより、固形のヨーグルトが

満腹感が得られやすいですが

 

それでもお腹を満たすことができない

という場合は

 

 

これもまた低カロリーで

栄養たっぷりなオートミールなどの

シリアルと一緒に食べるのもオススメです。

 

 

 


ひと昔前にブームにもなった?
『こんにゃく』

 

こんにゃくも寒天と同様に

低カロリーで満腹感の得られやすい食品として

知られています。

 

 

こんにゃくの主成分である

グルコマンナン』は水溶性の食物繊維であり、

腸内環境を整えてくれる働きをします。

 

 

このグルコマンナンの働きによって

摂取した食べ物の余計な脂肪や

コレステロールの吸収を抑えてくれ

 

ため、ダイエットに効果的と言えます。

 

 

少し前にこんにゃくでできた

ゼリーの商品が多数発売され

ブームになりました。

 

 

今でもスーパーやドラッグストアでは

必ず見かけるほどロングセラーの人気商品です。

 

 

一般的なゼラチンで固められたゼリーに比べ

噛み応えがある弾力感のある食感が特徴で、

おやつとして美味しく食べることができます。

 

 

ただ、食感が良くスルスルと

食べられてしまうため、

食べ過ぎには注意してください!

 

 

甘い物よりしょっぱい物派という人は

コンビニでおでんのこんにゃくを一つ買う

というのも間食として良いでしょう。

 

 

 


最近話題のスーパーフード
『チアシード』

 

チアシードはスーパーフードとして

最近話題になっているので、

耳にしたことも多いでしょう。

 

 

チアシードとは・・・

メキシコやグアテマラなど

南米原産のシソ科の植物

チア』ののことを言います。

 

 

チアシードは

吸水性が高く、水につけておくと膨らんで

周りがゼリー状になります。

 

 

ジュースやヨーグルトなどと一緒に食べる

と美味しく

 

プルプル・プチプチとした食感が楽しめ、

満腹感が得られやすくなります。

 

 

チアシードは低カロリーですが、

  • 不飽和脂肪酸
  • 必須アミノ酸
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 亜鉛

などなど

 

身体に必要な栄養素がたっぷり含まれていて

その豊富な栄養がスーパーフードと言われる

所以です。

 

 

ただし、チアシードは

そのままでは食べられません!

 

 

そのまま食べると

身体の中で大きく膨らみ、危険です。

 

 

☆☆☆

事前に10倍の量の水で半日ほどつけておく必要があるので、

食べ方には注意して間食として楽しみましょう。

 

 

 


実はダイエットに向いている
『卵』

 

卵を食べると太ってしまうのではないか

というイメージを持つ人も多いと思いますが、

意外にも卵はダイエットに向いています。

 

 

卵は人に必要な栄養素がほぼ全て含まれていて

とても栄養価の高い食品です。

 

 

間食には、ゆで卵にすると満腹感も得られ、

消化に少し時間がかかるため

腹持ちも良くなります。

 

 

最近では

卵のコレステロールは

生活習慣病に悪影響を与えない

ということが分かってきました。

 

 

もちろん卵の食べ過ぎは、

カロリーの摂り過ぎになってしまいますが

 

適度に摂取する分には

ダイエットに向いていると言えるでしょう。

 

 

 


おわりに

 

ダイエット中にオススメな

栄養満点で満腹感の得られやすい食べ物

について紹介しました。

 

 

ダイエットはしたいけれど、

間食がしたくて困る時は

 

ぜひこれらの食べ物を摂り入れて、

毎日の健康的な食生活に役立ててください!

シェアする

Join D’ACTION

D'ACTIONで、
自分らしい、ナチュラルなカラダへ。

最短2ヵ月で理想の身体を手に入れよう