【脚やせには姿勢改善!悪い姿勢=脚が太くなる理由】

最終更新日

はじめに

 

こんにちは。

表参道パーソナルジムD’ACTION

トレーナーの内田です!

 

本日は、

「脚やせ」と「姿勢」の関係性

について解説したいと思います。

 

 「脚を細くしたい・・・」

 

 そう思い立った時、あなたはどんなトレーニングを想像しますか?スクワット?お尻あげ?それともプランクなどの体幹トレーニングでしょうか。

 

 効果的に「脚を細くする」ためには、まずはしっかりと原因が分かっていないと対処できません。おもむろにトレーニングをしても効果は薄いです。

 

 日々、多くのお客様を対応している中で「脚が太くなってしまう」原因の多くが「姿勢」にある人が多いように思います。

 


悪い姿勢=脚が太くなる?なぜ?

 

結論から言います。

姿勢が悪いと「脚の筋肉が発達してしまう」からです。

 

太くなるのは、この筋肉!「大腿四頭筋」と言います。

 

この筋肉が、「姿勢が悪くなる」ことで太くなってしまいます。

 

では、悪い姿勢とは?皆さんもなんとなくお分かりかと思います。

 

代表的な不良姿勢パターン⬇︎

座り姿勢:

 

立ち姿勢:

・首が前に出る

・腰が曲がる

・骨盤が後傾している

・膝が前に出る

 

ここで、筋肉との関係性に話を戻します!この姿勢になってしまうと

お腹、お尻の筋肉はサボる

太もも前の筋肉は頑張りすぎる

 

という力が働いてしまいます。

これは身体の構造上、しょうがないことです。こういった理由から、姿勢が悪い状態ですと「太もも前がどんどん発達する=脚が太くなる

 

という結果になってしまうのですね。

 


不良姿勢の解消ポイント

 

ポイントは2つです!

①骨盤〜股関節を柔軟にしておく
②良い姿勢を”たまに”意識する

 

 ①に関しては、詳しくはこちらのブログをご覧ください!

「デスクワーカー必見!オフィスで出来る脚痩せストレッチ5選」

 

しっかりストレッチを行うことで、脚やせに繋がります。

 

 ②に関しては、「頭の先から天井に引っ張られるイメージ」を持つようにしましょう。まずは、このイメージだけでOKです。

 作業に合間、お昼休憩、電車の待ち時間、、、など思い出した時に、ピンっと姿勢を意識してみてください。

 

 しっかり天井に引っ張られるイメージを持てると、座り・立ち姿勢だけで「体幹トレーニング」になります。

 


おわりに

 

 いかがでしたでしょうか?

 

 一口に「脚やせ」といってもアプローチは様々にあります。大切なことは、「しっかりと自分の身体が分かっているか」ということです。

 

 このブログ記事を読んでくださった、あなた。

 いますぐ、鏡でご自身の姿勢を見直してみてください!

 

 良い姿勢をゲットして引き締まったボディを目指していきましょう!

シェアする

Join D’ACTION

D'ACTIONで、
自分らしい、ナチュラルなカラダへ。

最短2ヵ月で理想の身体を手に入れよう