顔のむくみの原因とは?簡単セルフケア&オススメ食品!

最終更新日

はじめに

 朝起きると顔がむくんでいる・・・。化粧のノリも悪くなったり、疲れて見えてしまう。朝からテンションが上がらない。

 

 なんていうお悩みを抱えている方も多いはず。「顔のむくみ」は見た目に最も影響する部位の1つと言っても過言ではないでしょう。

 

 そこで今回は「顔のむくみ」の原因と合わせて、運動編・食事編の2パターンから解消法をご紹介します!

 


顔のむくみの原因とは?

 顔のむくみは何らかの病気の疑いとなっているパターンもありますが、美容上の理由から「むくみ」を気にされる方も多いはず。今回は生活習慣が引き起こす「むくみ」の原因をまとめました。

 

1.塩分の摂り過ぎ

 過剰な塩分を摂ると、体は体内のバランス(塩分濃度)を一定に保とうとする「ホメオスタシス:恒常性」という働きにより、水分をどんどん体内に溜めこもうとします。

 

 結果として、体に水分が溜め込まれてしまい「むくみ」に繋がってしまうのです。

 

 塩分を排出する作用を持つ「カリウム」の摂取がポイントとなります。後ほど、食事編でご紹介します。

 

2.首〜肩まわりが凝っている

 デスクワークやスマートホンの使用による姿勢の悪さ。それを原因に首〜肩が凝っている人も「むくみ」が出やすい傾向にあります。

 

 首〜肩まわりの筋肉が凝っている(硬くなる)と、血行不良を引き起こし循環が悪くなります。すると、老廃物や水分の流れが滞ってしまい、「むくみ」に繋がります。

 

3.深夜のスマホの見過ぎ

 これには「自律神経」が大きく関係します。一般的には、水分や塩分過多などが原因と言われますが、他にも「睡眠不足・疲労・ホルモンの乱れ」なども影響を受けます。

 

 そして、それらの根本的な原因は「自律神経の乱れ」です。仕事・家事・人間関係など日常では交感神経優位になっている我々の生活。深夜までスマホいじりをしてしまうと、副交感神経にスイッチ切り替えができません。

 

 すると、自律神経のバランスは乱れ、「むくみ」へと繋がってしまうのです。たまには、就寝60分前からはスマホを見ない日を作るなど工夫してみると良いと思います。

 


簡単セルフケア&オススメ食品紹介

 

 まずは、セルフケア方法からです。

 

①肩甲骨まわし

1.両手で鎖骨を触ります。

2.「肩甲骨」を意識しながらゆっくり大きく回す

3.前回り・後ろ回りそれぞれ10回ずつ行う

 

首〜肩まわりの筋肉の血行を良くするセルフケアです。特に、肩甲骨を意識して大きく回すことで普段使わないような筋肉もしっかりと動いてきます。

 

②後ろバンザイ

1.両手を後ろで手を組みます

2.肩甲骨を内側にキューっと寄せます

3.肩甲骨を寄せたまま、両腕を後ろに上げます

4.いける方はさらに体を前に倒しましょう

 

 続いて食事編です。

 

1.バナナ

 バナナには「カリウム」が豊富に含まれています。カリウムはむくみ対策には欠かせない栄養素の1つです。また、バナナは「食物繊維」も豊富なので便秘解消にも効果的と一石二鳥です。

 

 朝食や間食など手軽に食べられるのも良いポイントですね。

 

2.フルーツ(柑橘類)

 フルーツの中でも柑橘類に多く含まれる「クエン酸」は、内臓の働きを高めてくれます。老廃物の排出をサポートしてくれるので、老廃物が貯まることでの「むくみ」を解消してくれます。

 

 また、柑橘類の「ビタミンC」には血流促進の効果もあるので、むくみ対策にはオススメの食品ですね。

 

3.アボカド

 意外と思われる方もいるかもしれませんが、「アボカド」もむくみ対策にもってこいの食品です。

 

 アボカドにもバナナ同様、「カリウム」が豊富に含まれています。また、「ビタミンE」という栄養素も多く含まれています。ビタミンEも過剰な塩分の排出作用に加えて、血流促進の効果があると言われています。

 


おわりに

 いかがでしたでしょうか?

 

 「顔のむくみ」というと、マッサージに行かれる方が多いですが、体を動かす・食事の2つのセルフケア方法も効果的です。顔は見た目の印象に大きく影響する部位ですから、ケアをすることは非常に大切です。

 

 ぜひ今日のポイントを意識して、生活習慣を見つめ直してみてくださいね。

 

 

 

 

シェアする

Join D’ACTION

D'ACTIONで、
自分らしい、ナチュラルなカラダへ。

最短2ヵ月で理想の身体を手に入れよう