無料カウンセリング・体験トレーニングはこちら

【朝に代謝アップ】朝のオススメ健康ルーティーン3選 #201

健康
この記事は約4分で読めます。

はじめに

 

 

こんにちは。

 

表参道パーソナルジムD’ACTIONです。

 

本日は、【朝に代謝アップ】朝のオススメ健康ルーティーン3選というテーマで記事を書かせていただきます。

 

朝の過ごし方でオススメの健康法はありますか?

こんなご質問をお客様からいただきました。

 

確かに、お仕事をされている皆様から、日々バタバタと朝の身支度をして、家を出ていく。なかなかスッキリとした朝を過ごせない。

 

こんなお話をよく聞きます。そこで、本日は朝の過ごし方としてオススメの健康法3つご紹介いたします。手軽に取り入れられるものなので、ぜひ気になったものを試してみてください!

 

朝のオススメ健康ルーティーン

 

 

1.目覚めたらコップ1杯の白湯を飲む

 

朝起きて、軽く口をゆすいだら、コップ1 杯の白湯を飲みましょう!

 

眠っている間に失われた水分補給、そして意外にもお通じの改善にも効果があります。

 

「水を飲むと胃がふくらみ、反射的に大腸が収縮することで、便を直腸へ送り出す「胃・結腸反射」という動きが起こります。

 

胃腸を目覚めさせて活性化することで、自律神経のスイッチも入りやすくなり、朝をスッキリ過ごすことができます。

 

2.寝床から出たら太陽の光を浴びる

 

 

朝起きて、ベッドから出たら、まずはカーテンを開けて朝の光を浴びる習慣をつけましょう。天気に関わらず、開けることが大切です。

 

陽の光を感じない環境にいると、体温や自律神経、脳やホルモンの働きもリズムが崩れて調子が悪くなります。また、スイッチの切り替えがなく、朝をシャキッと起きることができません。

 

光による覚醒作用は、きちんと脳に届いて、体内リズムや頭の覚醒をサポートしてくれるので是非試してみましょう!

 

3.全身を伸ばしてストレッチ

 

 

寝起きは、夜寝ている間に動かなかった影響で、体が凝り固まっています。

 

軽く伸びをしたり上半身・下半身などの軽いストレッチをして、全身に血流を流してあげることでゆっくりと頭が覚醒していきます。

 

また、自律神経が整う(交感神経-副交感神経のバランス)ので、メンタル的にも落ち着いた状態で朝を迎えることができます。

 

写真のシーンは外ですが、自宅で写真のような側屈(わき腹のストレッチ)をしてあげることはオススメですね!

 

おわりに

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

本日は、【朝に代謝アップ】朝のオススメ健康ルーティーン3選というテーマで記事を書かせていただきました。

 

朝の過ごし方は、1日の調子を決めるとっても過言ではないくらい大切です。ギリギリまで寝ていて、バタバタと家を出るという方もいらっしゃるかと思います。

 

今日の記事を読んで、少し気持ちが動いた方は是非試してみてください!

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

オンライントレーニング実施中!

ポイント①

アスリートの実践知と理学療法士の医学的知見を融合させてできたオリジナルのトレーニングメニュー。100種類以上のたしかなメニューで飽きずに運動ができる!

ポイント②

見本となるトレーナーと、動作チェックをするトレーナーの2名体制による徹底サポートで、自宅にいながら正しい動きでより効果的な運動ができる!

ポイント③

トレーニング内容はもちろん、肩こり・腰痛などの体の悩みの相談や、食事内容の相談など、トレーナーと気軽にチャットができる

【開催曜日】毎週 月曜、水曜、金曜
【時間帯】21:00 ~ 21:30

【内容】D’ACTIONトレーナーによるグループトレーニングレッスン
【費用】月額5,000円 ※最大12回/月まで受け放題

 

【お問い合わせ先】

こちらのQRコードから、お気軽にご連絡ください。

表参道パーソナルジム D'ACTION

ビジネスマン・ウーマンの毎日の好調作りをサポートするコンディショニングダイエットジム。
体の構造のプロである理学療法士がコンディショニングトレーナーとして、また、トレーニングのプロである現役アスリートがメニュー考案からトレーニングセッションまで行います。

健康
この記事をシェアする
D'ACTIONをフォローする
D’ACTION Trainer Blog
タイトルとURLをコピーしました