無料カウンセリング・体験トレーニングはこちら

【運動初心者必見】時間別・トレーニング前のオススメの食べ物とは? #206

ワークアウト
この記事は約3分で読めます。

はじめに

 

 

こんにちは。

 

表参道パーソナルジムD’ACTIONです。

 

本日は、【運動初心者必見】時間別・トレーニング前のオススメの食べ物とは?というテーマで記事を書かせていただきます。

 

「運動をする前は何を食べたらいいの?」

「運動前に食べすぎると、お腹が痛くなる」

 

こういったお声をお客様からよくいただきます。運動前の食事の摂り方にはいくつかのポイントがあります。

 

ぜひ本日の内容を参考に、運動前の摂取方法を考えていただけたら幸いです。

 

時間別・トレーニング前のオススメ食品

 

運動する2時間前

 

 

→油の少ない食事

 

油を多く使った料理は、消化に時間がかかるため、胃の負担になります。

 

揚げ物や炒め物などは極力避け、「蒸す、煮る」などの油分が比較的少ない料理がオススメです。

 

また、腹八分目を意識することも大切。お腹いっぱいにしてしまうと、消化が間に合わずトレーニングの際に体が重く感じたり、胃痛の原因にも。

 

トレーニング前の食事量は、少しお腹に余裕があるくらいの摂取量にしておきましょう!

 

運動する1〜2時間前

 

→おにぎり

 

→サンドイッチ

 

炭水化物などの、比較的に消化・吸収の早い糖質主体の軽食がオススメです。トレーニング前のエネルギー源として、体をしっかり動かすことをサポートしてくれます。

 

なかでも、「具入りのおにぎり」、「野菜が入ったサンドイッチ」がいいでしょう。上記と同じく、油分や脂肪分が多いものは避けるのが良いです◎

 

おにぎりなら1個、サンドイッチは1袋を食べきるくらいの量にしておきましょう!

 

運動する30分前

 

→バナナ

 

→ゼリー飲料

 

栄養価が高く消化吸収のよいものを選び、固形物は運動までに消化が間に合わないので避けましょう

 

なかでも、「バナナ」、「ゼリー飲料」がオススメです。バナナに含まれるカリウムには、筋肉の働きを調整する作用があるので、筋肉の強化と回復によい効果が期待できます。

 

おわりに

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

本日は、【運動初心者必見】時間別・トレーニング前のオススメの食べ物とは?というテーマで記事を書かせていただきました。

 

トレーニングの前の食事の摂り方には「時間帯」「食事内容」2つのポイントがある、ということをお伝えしました。

 

ぜひ、今後はこの2点を意識して栄養摂取を考えてみていただけたらと思います。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

オンライントレーニング実施中!

ポイント①

アスリートの実践知と理学療法士の医学的知見を融合させてできたオリジナルのトレーニングメニュー。100種類以上のたしかなメニューで飽きずに運動ができる!

ポイント②

見本となるトレーナーと、動作チェックをするトレーナーの2名体制による徹底サポートで、自宅にいながら正しい動きでより効果的な運動ができる!

ポイント③

トレーニング内容はもちろん、肩こり・腰痛などの体の悩みの相談や、食事内容の相談など、トレーナーと気軽にチャットができる

【開催曜日】毎週 月曜、水曜、金曜
【時間帯】21:00 ~ 21:30

【内容】D’ACTIONトレーナーによるグループトレーニングレッスン
【費用】月額5,000円 ※最大12回/月まで受け放題

 

【お問い合わせ先】

こちらのQRコードから、お気軽にご連絡ください。

タイトルとURLをコピーしました