無料カウンセリング・体験トレーニングはこちら

【偏頭痛もち必見】低気圧による偏頭痛の対処法とは? #214

健康
この記事は約3分で読めます。

はじめに

 

 

皆さん、こんにちは。

 

表参道パーソナルジムD’ACTIONです。

 

本日は、【偏頭痛もち必見】低気圧による偏頭痛の解消法とは?というテーマで記事を書かせていただきます。

 

5月も下旬に入り、天気が崩れる日々が多くなってきました。早めの梅雨入りも天気予報やニュースなどで言われていますね。

 

その中で、低気圧による偏頭痛の悩みの声が増えてきました。しかし、意外と偏頭痛の解消法やセルフケアを知らないという人が多くいます。

 

対処法は「頭痛薬」のみ。そうではなく、本日ご紹介する自分自身で行える偏頭痛の対処法をぜひ試してみて下さい!

 

偏頭痛の対処法

 

結論から言うと、偏頭痛の対処に大切なのは自分の頭痛のタイプは何なのかを知る事です。

 

なぜそれが大切なのかと言うと、偏頭痛だけでなく、もう1つ多発することの多い緊張型頭痛では対処法が逆になるからです。

 

具体的には、楽になる方法が「温めるのか・冷やすのか」という2パターンあります。

 

低気圧の影響で、脳の血管が急激に拡張して起きるのが「偏頭痛」です。

 

脳の血管が拡張することで、周囲の三叉(さんさ)神経を刺激し、刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して「偏頭痛」を発症させるのです。

 

鑑別方法は?

 

「偏頭痛」では、こめかみから目のあたりがズキンズキンと心臓の拍動に合わせるように痛みます

 

頭の片側だけが痛いとは限らず両側が痛むこともあり、日常生活に支障が出ることもある発作性の頭痛です。

 

また「偏頭痛」の特徴の1つに、体を動かして頭の位置を変えると痛みが増幅することです。

 

解消法は痛む部分を冷やす事

 

偏頭痛の症状には温めるのはNGで、冷やすのが◯

 

冷たいタオルや保冷剤をタオルで巻いたものを痛む部位に当てましょう。

 

すると、血管が収縮して痛みの軽減に役立ちます。

 

一方で、偏頭痛の症状には入浴やマッサージなどは血管を拡張させるので痛みが増すことになり逆効果になる可能性があります。気圧の変化や、片側だけの頭痛の場合は先ずは冷やす事を行ってみましょう。

 

おわりに

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

本日は、【偏頭痛もち必見】低気圧による偏頭痛の解消法とは?というテーマで記事を書かせて頂きました。

 

偏頭痛には頭痛薬。それだけではなく、自分で行える解消法もあるという事を今回の記事から知っていただけたら嬉しいです。

 

ぜひ気になった方法や効果を少しでも感じられたものを続けてみて下さい!

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

オンライントレーニング実施中!

ポイント①

アスリートの実践知と理学療法士の医学的知見を融合させてできたオリジナルのトレーニングメニュー。100種類以上のたしかなメニューで飽きずに運動ができる!

ポイント②

見本となるトレーナーと、動作チェックをするトレーナーの2名体制による徹底サポートで、自宅にいながら正しい動きでより効果的な運動ができる!

ポイント③

トレーニング内容はもちろん、肩こり・腰痛などの体の悩みの相談や、食事内容の相談など、トレーナーと気軽にチャットができる

【開催曜日】毎週 月曜、水曜、金曜
【時間帯】21:00 ~ 21:30

【内容】D’ACTIONトレーナーによるグループトレーニングレッスン
【費用】月額5,000円 ※最大12回/月まで受け放題

 

【お問い合わせ先】

こちらのQRコードから、お気軽にご連絡ください。

表参道パーソナルジム D'ACTION

ビジネスマン・ウーマンの毎日の好調作りをサポートするコンディショニングダイエットジム。
体の構造のプロである理学療法士がコンディショニングトレーナーとして、また、トレーニングのプロである現役アスリートがメニュー考案からトレーニングセッションまで行います。

健康
この記事をシェアする
D'ACTIONをフォローする
D’ACTION Trainer Blog
タイトルとURLをコピーしました