無料カウンセリング・体験トレーニングはこちら

【巻き肩・猫背・腰痛解消】ゴリゴリ動かす背骨の4大ストレッチ! #220

健康
この記事は約4分で読めます。

はじめに

 

 

皆さん、こんにちは。

 

表参道パーソナルジムD’ACTIONです。

 

本日は、【巻き肩・猫背・腰痛解消】ゴリゴリ動かす背骨の4大ストレッチ!というテーマで記事を書かせていただきます。

 

様々な身体の不調と関連している、「背骨」。

 

なかでも今回メインに動かす「胸椎」という背骨の部位は最重要と言っても過言ではないくらい、身体の不調解消には大切になります。

 

ぜひ、記事を見ながら一緒に動かしてみてくださいね!

 

背骨を動かすのがなぜ大切なのか?

 

 

人間の身体の中心に位置する「背骨

 

この部位は現代人の生活においては、非常に硬くなりやすい(可動範囲が狭くなる)場所の1つです。

 

特に、上の写真の緑色の部位「胸椎」という胸まわりの高さの背骨が丸まった姿勢で、硬くなりやすいです。

 

この部位が丸まった姿勢で硬くなってしまうことで、巻き肩や猫背、腰痛など様々な不調を引き起こします。その一方で、普段生活の中では、なかなか背骨を伸ばす機会はないと思います。

 

そのため、背骨のストレッチで定期的に身体のメンテナンスをしてあげ、不調を未然に防ぐ・解消してあげることが大切です。

 

ぜひ一緒にトライしてみましょう!

 

背骨の4大ストレッチ

 

❶キャット&カウ

 

1.四つ這いの姿勢になる

 

2.両腕で体重を支えながら背骨を反る

→腰ではなく、胸まわりの背骨(胸椎)を中心に反れるとGOOD◎

 

3.胸椎を頂点にするイメージで背骨全体を丸める

 

回数の目安:上下の往復×10回 1セット

 

❷ソラシック-ツイスト

 

1.四つ這いの姿勢になる

 

2.片手を頭の後ろに置く

 

3.上半身を反対腕の方向にツイストする

 

4.天井を向くように、背骨全体を上側にツイスト

 

回数の目安:左右10回ずつ 1セット

 

❸ソラシック-ツイスト-ストレートアーム

 

1.片足を横、両腕を床につく

 

2.前に出してる足と反対側の手は、指先のみ床にタッチ

 

3.指先を目線で追いながら、上半身全体を上側にツイストする

 

回数の目安:左右10回ずつ 1セット

 

❹スパイン-ツイスト

 

1.横向きに寝て、両肘を合わせる

頭の下に枕をおくと、頭部の位置が修正されGOOD◎

 

2.両肘を離すようにしながら、上半身全体を反対側へツイストする

 

出来るだけ、両足や体全体が浮いてこないようにする

 

4.最初の姿勢まで戻る

 

回数の目安:左右10回ずつ 1セット

 

おわりに

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

本日は、【巻き肩・猫背・腰痛解消】ゴリゴリ動かす背骨の4大ストレッチ!というテーマで記事を書かせていただきました。

 

このストレッチにトライしていただいた方は、身体の変化を実感いただけたのではないでしょうか?

 

なかなか動かす機会が少なく、硬くなりやすい「背骨」。

 

ぜひ定期的に動かして、メンテナンスしていきたいですね!

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

オンライントレーニング実施中!

ポイント①

アスリートの実践知と理学療法士の医学的知見を融合させてできたオリジナルのトレーニングメニュー。100種類以上のたしかなメニューで飽きずに運動ができる!

ポイント②

見本となるトレーナーと、動作チェックをするトレーナーの2名体制による徹底サポートで、自宅にいながら正しい動きでより効果的な運動ができる!

ポイント③

トレーニング内容はもちろん、肩こり・腰痛などの体の悩みの相談や、食事内容の相談など、トレーナーと気軽にチャットができる

【開催曜日】毎週 月曜、水曜、金曜
【時間帯】21:00 ~ 21:30

【内容】D’ACTIONトレーナーによるグループトレーニングレッスン
【費用】月額5,000円 ※最大12回/月まで受け放題

 

【お問い合わせ先】

こちらのQRコードから、お気軽にご連絡ください。

表参道パーソナルジム D'ACTION

ビジネスマン・ウーマンの毎日の好調作りをサポートするコンディショニングダイエットジム。
体の構造のプロである理学療法士がコンディショニングトレーナーとして、また、トレーニングのプロである現役アスリートがメニュー考案からトレーニングセッションまで行います。

健康
この記事をシェアする
D'ACTIONをフォローする
D’ACTION Trainer Blog
タイトルとURLをコピーしました