無料カウンセリング・体験トレーニングはこちら

冬よりも痩せづらい!夏ダイエットの食材選びのポイント #223

ダイエット
この記事は約4分で読めます。

はじめに

みなさん、こんにちは。

表参道パーソナルジムD’ACTIONです。

 

本日は、冬よりも痩せづらい!夏ダイエットの食材選びのポイントというテーマで記事を書かせていただきます。

 

みなさん、夏と冬ではどちらが痩せづらいと思いますか?答えは、タイトルにもある通り「夏」です。

 

夏の暑い時期は、食欲が落ちたり、冷たいものを食べすぎたりと食生活のバランスが冬以上に乱れがちです。ダイエットの取り組む皆さんが、これからの暑い夏の時期を乗り越えるためのポイントをお伝えします!

 

夏は冬より基礎代謝が低い

「夏は汗をかくから、冬よりも痩せやすい」

こんなイメージをお持ちの方はいませんか?

 

実は、この考え方は間違いです。私たちの「基礎代謝」は夏よりも冬の方が高いと言われています。

 

「基礎代謝」
→安静状態でも生存維持のために最低限使われているエネルギーのこと

 

人間の体にはホメオスタシス(恒常性)といって、常に体温を一定に保とうとする働きがあります。

 

冬は気温が低いため、体温を一定に保とうと熱を多く産生するため、結果的に基礎代謝が上がります。一方、夏は気温が高いので熱を産生する必要が冬以上にはありません。

 

夏は汗をかくので、新陳代謝が良くなることは間違いありませんが、ダイエット観点では基礎代謝の影響が大きいです。そのため、基礎代謝の高くなる冬は痩せやすく、基礎代謝の低くなる夏は痩せにくいと言われています。

 

また、夏は冷たいものを口にする機会が多く、冷房を強めに入れがちな事もあり自律神経も乱れがちです。内臓へのストレスもかかりやすく、これらの問題も基礎代謝を下げてしまうことに繋がります。

 

夏のダイエットには筋肉量アップと栄養バランス

夏の時期は、基礎代謝が下がりやすく痩せにくい。暑さから、食欲が減ったり、偏りやすい。ということをお伝えしました。

 

これらの観点から、夏のダイエットのポイントは「筋肉量を増やす」「食事のバランス」を特に意識することが大切です。

 

これって冬も同じではないの?と思われた方もいるかもしれません。ここで言う夏ダイエットのポイントでは、食材選びが肝になります

 

・筋肉量を増やす(タンパク質)
・筋肉量を減らさない(良質な糖質)
・夏バテ対策(ビタミンB群、ミネラル)

これらを一気に摂取できる食材選びが夏ダイエットのポイントになるんです。

 

夏ダイエットのオススメ食材

1.青魚(サバ、サンマ)

コンビニやスーパーに売ってるサバの水煮缶やサンマの蒲焼が手軽でオススメ!

2.レバー

タンパク質、ビタミンB群が豊富に!鉄分も摂れる!

3.納豆

朝〜夕食まで食卓に並びやすい夏のオススメ食材の王道!

4.豚肉

言わずと知れたビタミンB群を豊富に含む食材!

5.うなぎ

家で食べるならうなぎの半身を買って、丼がオススメ!

おわりに

いかがでしたでしょうか?

 

本日は、冬よりも痩せづらい!夏ダイエットの食材選びのポイントというテーマで記事を書かせていただきました。

 

夏にどうして痩せづらいのか、どのような店に気を付けたらいいのか。知っていただけましたでしょうか?

 

夏の暑い時期のダイエットは、食事を制限しすぎるのではなく、体づくり(筋肉量アップ)を目標としながら進めて行きましょう!

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

オンライントレーニング実施中!

ポイント①

アスリートの実践知と理学療法士の医学的知見を融合させてできたオリジナルのトレーニングメニュー。100種類以上のたしかなメニューで飽きずに運動ができる!

ポイント②

見本となるトレーナーと、動作チェックをするトレーナーの2名体制による徹底サポートで、自宅にいながら正しい動きでより効果的な運動ができる!

ポイント③

トレーニング内容はもちろん、肩こり・腰痛などの体の悩みの相談や、食事内容の相談など、トレーナーと気軽にチャットができる

【開催曜日】毎週 月曜、水曜、金曜
【時間帯】21:00 ~ 21:30

【内容】D’ACTIONトレーナーによるグループトレーニングレッスン
【費用】月額5,000円 ※最大12回/月まで受け放題

 

【お問い合わせ先】

こちらのQRコードから、お気軽にご連絡ください。

タイトルとURLをコピーしました