無料カウンセリング・体験トレーニングはこちら

【痩せやすいカラダ作り】お水ダイエットの効果と方法 #224

ダイエット
この記事は約4分で読めます。

はじめに

皆さん、こんにちは。

表参道パーソナルジムD’ACTIONです。

 

本日は、【痩せやすいカラダ作り】お水ダイエットの効果と方法というテーマで記事を書かせていただきます。

 

ダイエットの強い見方である「お水」。

 

実は、痩せやすい体はもちろん、健康的な体づくりにも欠かせません。しかし、方法はただ水をたくさん飲んだり、食事を置き換えをすればいいということではありません。

 

今回の記事では、水ダイエットの効果と実践方法をご紹介します。

 

水ダイエットの効果

基礎代謝の向上

私たちは何もせずにじっとしているときでも、生命を維持するためにエネルギーを消費しています。これを「基礎代謝」と呼びます。

 

実は、1日で消費するエネルギー量(消費エネルギー)のうち、約60%が基礎代謝によるもの。つまり、エネルギー消費量を上げるには、基礎代謝を向上させることが重要です。

水を飲むと体内が冷やされ、冷えた体温をもとに戻すため血行が良くなります。血行が良くなることで代謝がアップし、エネルギーを消費しやすい状態になるのです。

 

排便を促す

人間は体内の水分が不足すると、便が硬くなってしまい便秘の原因となります。

 

便秘は血の巡りを悪くするため、血液がドロドロになる原因となります。ドロドロになって血流が停滞してしまうと、栄養が細胞に吸収されず、脂肪として蓄積されやすくなってしまいます

 

また「冷え」や「むくみ」といった身体の不調も引き起こしやすくなります。

 

水分摂取で便をやわらかくしてあげることで、便秘の予防に効果的です。スムーズな排便に効果的なのが、朝起きてすぐにコップ1杯の水を飲むことです。腸のぜん動運動が活発になるため、排便を促すことができます。

 

食欲を抑える

ダイエット中は空腹との戦いが非常につらいもの。。

 

我慢しないといけないと思うと、よりストレスがたまりやすくなります。

 

そんなときにおすすめなのが、食事の30分前に500mlの水を飲むこと。水で胃がふくれ、満腹感を得やすくなるため、食事量をコントロールしやすくなります。

 

水ダイエットの方法

❶こまめに飲むことが大切

1日に飲む水の量は、1〜1.5リットルほど。コップ1杯が200mlだとすると、1日にコップ6〜8杯程度が目安です。

 

水は回数を分けて、こまめに摂取することがポイントです。一度に大量に飲んでも、すべての水を吸収することができないからです。

 

水を飲むタイミングは

・起床直後に1杯

・各食事の30分前〜食事中

・入浴の前後

・就寝前に1杯

飲むと、だいたい1日の目安摂取量になります。

 

気温や、普段運動をしているかどうか、などによって摂取する水の量は調整をしましょう。

 

❷常温がオススメ

冷たすぎる水は内臓を過度に冷やしてしまい、負担がかかります。すると、消化機能が低下してしまいます。

 

水の温度は、常温のものがおすすめです。

 

また、この夏の時期は少し暑いですが、本来は「白湯」もおすすめ。白湯を飲むことで、体温が上昇し、内臓の働きも活性化するため、基礎代謝の向上に役立ちます。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

 

本日は、【痩せやすいカラダ作り】日々の水分の摂り方のススメというテーマで記事を書かせていただきました。

 

オンライントレーニング実施中!

ポイント①

アスリートの実践知と理学療法士の医学的知見を融合させてできたオリジナルのトレーニングメニュー。100種類以上のたしかなメニューで飽きずに運動ができる!

ポイント②

見本となるトレーナーと、動作チェックをするトレーナーの2名体制による徹底サポートで、自宅にいながら正しい動きでより効果的な運動ができる!

ポイント③

トレーニング内容はもちろん、肩こり・腰痛などの体の悩みの相談や、食事内容の相談など、トレーナーと気軽にチャットができる

【開催曜日】毎週 月曜、水曜、金曜
【時間帯】21:00 ~ 21:30

【内容】D’ACTIONトレーナーによるグループトレーニングレッスン
【費用】月額5,000円 ※最大12回/月まで受け放題

 

【お問い合わせ先】

こちらのQRコードから、お気軽にご連絡ください。

タイトルとURLをコピーしました