朝食はしっかりガッツリ食べるべき?朝食とダイエットの関係とは?

最終更新日

①はじめに

 

ダイエット中の人にとって

毎日食事は悩みの種でもあるでしょう。

 

 

朝食、昼食、夕食3食それぞれの

量とバランスはどのようにするのが

一番ダイエットに効果的なのか?

 

 

特に朝食は限られた時間の中で

限られたメニューの選択肢から

チョイスしなければなりません。

 

 

ダイエットに効果的な朝食とは

どのような食事でしょうか?

 

 

しっかりガッツリ食べた方が良いのでしょうか?

 

 

当記事ではダイエット中の人が

朝食をどのように摂るべきか。

 

 

その理由やおすすめのメニューについて

ご紹介します!

 

 

 


②ダイエット中も朝食を抜かない方が良い理由

 

ダイエット中は一日の

総摂取カロリーを抑えるため

朝食を抜いてしまう人も

いるのではないでしょうか。

 

 

朝は起きてから出かけるまで、

時間も限られてしまいます。

 

 

寝起きはなんとなく食欲がない!

という人も多いでしょう。

 

 

しかし、朝食抜きは

ダイエットをする人にとっては、

却ってデメリットをもたらすと言われています。

 

 

朝食をしっかり摂ると、

体温が上がり基礎代謝量が上がる

と言われています。

 

 

朝食を摂ることで

胃や腸の消化器官が刺激され、

その日一日胃腸がしっかりと働くように

なるでしょう。

 

 

朝食を抜いてしまうと、

午前中の血糖値は下がりがち

なってしまいます。

 

 

低血糖の状態では

頭も身体も働きにくくなり、

仕事の効率も落ちてしまうでしょう。

 

 

また低血糖の状態でいると

昼食を食べる前に空腹感が強くなってしまい、

 

  • 間食をしてしまったり
  • 昼食を食べ過ぎてしまったり

することもあるでしょう。

 

 

 


③ダイエット中でも朝食をしっかり食べても大丈夫?

 

朝食はしっかり食べても

その日の活動のエネルギーとなるため、

太りにくいと言われています。

 

 

なので、朝食に

重めのしっかりした食事をしても

ダイエットに悪くはありません。

 

 

朝食でしっかりと栄養を摂取することで、

脳や筋肉にエネルギー源となる糖分が行き渡り

 

 

仕事や勉強、運動などの活動を効率よく行えて、

活動的な一日になるでしょう。

 

 

しかし、中には朝食を食べると

 

  • どうしても気分が悪くなってしまう、
  • お腹を下してしまう

という体質の人もいます。

 

 

朝の食事が苦手な人は無理せず、

量にはこだわり過ぎず

 

 

自分に合った適切な量の朝食を食べることで

健康的な一日を過ごせるようにしたいものです。

 

 

 


④ダイエット期間の朝食に摂りたい栄養素

 

朝食に摂るべき主な栄養素は

糖質とたんぱく質です。

 

 

先ほども述べたように

朝食ではその日の活動のためのエネルギーを

摂取する必要があります。

 

 

三大栄養素の中で

最初にエネルギーに変換されるのが糖質なので、

朝食に糖質を摂取することは大切です。

 

 

またダイエットをしている人にとって、

脂肪を落として筋肉を作るためには

タンパク質の摂取が欠かせません。

 

 

しかしせっかくタンパク質を摂取しても、

糖質が不足していると、

摂取したタンパク質がエネルギーとなって

燃焼されやすくなります

 

 

タンパク質がエネルギーとして

燃焼されることなく筋肉に合成される。

 

そのためには、

糖質を同時に摂取すること

が有効と考えられています。

 

 

従って、朝食メニューとしては

 

糖質とタンパク質のバランス
考えるのが良いと言われています。

 

 

糖質とタンパク質を朝食で食べると、

満腹感も得られます。

 

また、

タンパク質は消化に時間もかかるため

腹持ちも良くなります。

 

 

 


⑤ダイエット期間に効果的な朝食メニュー

 

 

1.和食派にはご飯とみそ汁(と納豆)

 

朝はパンよりご飯が好きという

和食派の人には定番の

ご飯にみそ汁がおすすめです。

 

 

みそ汁の具に豆腐を入れると

大豆のタンパク質が取れますし、

 

 

納豆が好きな人は

納豆を一緒に食べると

更にタンパク質を摂取できます。

 

 

2.洋食派にはパンと卵料理(と牛乳)

 

洋食派の人にはこれもまた定番の

パンに目玉焼きやゆで卵などの卵料理

がおすすめです。

 

 

卵は人に必要な栄養素が

ほぼ全て含まれていると言われるほど、

タンパク質をはじめとした栄養が豊富です。

 

 

パンと卵料理は相性も抜群ですし、

 

それに牛乳も飲めばカルシウムも

ばっちり摂取できます。

 

 

3.簡単派にはシリアルとヨーグルト

 

朝は時間に追われやすいため、

朝食を用意している暇がない人は

時短メニューです。

 

 

市販のシリアルにヨーグルトを混ぜて

食べるのがおすすめです。

 

 

市販のシリアルは

栄養バランスを考えて作られていて、

エネルギー源となる糖質も含まれています

 

 

ヨーグルトはタンパク質やカルシウムを

豊富に含む食品です。

 

 

ヨーグルトとシリアルを一緒に混ぜると

砂糖を加えなくても美味しく食べられますし、

満腹感も得られます。

 

 

お手軽にバランスの良い朝食を

食べることができるでしょう。

 

 

 


⑥おわりに

 

ダイエットと朝食の関係について、

朝食を食べた方が良い理由や

おすすめのメニューについて解説しました。

 

 

朝食をしっかり食べたいけど

ダイエットのために抜いていた人。

 

 

時間がなくて今まであまり

朝食を摂ってこなかった人。

 

 

これを機に自分の朝食を見直してみましょう。

自分に合ったメニューを見つけ、

健やかな身体を保ちましょう!

シェアする

Join D’ACTION

D'ACTIONで、
自分らしい、ナチュラルなカラダへ。

最短2ヵ月で理想の身体を手に入れよう