無料カウンセリング・体験トレーニングはこちら

【夏バテ撃退】汗を流して体温調節!発汗トレーニング3種目 #146

健康
この記事は約6分で読めます。

はじめに

こんにちは。表参道パーソナルジムD’ACTIONです。

 

突然ですが、皆さん夏バテにはなっていませんか?

 

都内の気温は連日35℃を超え、直射日光も強い時期が続いています。急な気温の変化に対応できず、夏バテに陥っている方もいらっしゃるかと思います。

 

本日はそんなアナタに向けた記事内容です。

・夏バテになっている
・仕事の集中力がない
・毎夜クーラーをつけっぱなしで寝ている

そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひ最後まで記事をお読みください!

 


発汗と体温調節の関係

皆さんは汗はかきますか?

どんな汗でしょうか?

 

ベタベタする汗ばかりをかいているという方。発汗(汗をかく)機能が弱まっている可能性があります。

 

汗腺(汗をかく部分)の機能が弱まっていると、うまく発汗できなくなり、水分だけでなく、血液中に含まれるナトリウム(塩分)をはじめとするミネラルが一緒に排出されます。それがベタベタ汗の大きな原因です。

 

【ミネラルの主な働き】
○心臓の働きを調整
○血液や骨、筋肉をつくる
○免疫、運動、生殖機能を助ける
…etc

 

などなど、重要な代謝機能を多く担っています。そのためミネラルが不足すると、からだのあちこちがエネルギー不足状態になり、うまく機能しなくなります。こうした条件が重なり、体内のエネルギー効率が低下→体力を消耗→夏バテ状態を起こしやすくなるのです。

 


運動で発汗機能を高める

私たちの体には、数百万個の汗腺があります。ですが、通常働いているのは、その半分程度だと言われています。その中で、汗を出すために働いている汗腺を「能動汗腺」と呼びます。

 

発汗機能を高めるためには、この能動汗腺をしっかり働かせることが必要です。その方法の一つとして有効なのが「運動」なのです。以下に発汗機能を高めるための運動のポイントをご紹介します。

 

【発汗機能を高める運動のポイント】
・軽く汗ばむ程度の有酸素運動(ウォーキング、ジョギングなど)を行う
・短時間でのサーキット運動(ex.筋トレ→有酸素→筋トレ)
・運動時間は20〜30分までとする
・スポーツドリンクなどミネラルを含む水分を補給する
・炎天下の運動は避ける(オススメは早朝、夕方〜夜など
 
有酸素運動オンリーを行うのか?サーキット形式で行うのか?これに関しては、「続けられる運動」で選択して良いです。これらの運動を行うことで、手足の末梢の血行が良くなり、自然な発汗を促すことができます。
 
 

発汗トレーニング

それでは、「夏バテを撃退する!発汗を促すトレーニング」をご紹介していきます。今回ご紹介するトレーニングは動きが分かりやすいように、全て動画になっています。ぜひ、スマホを片手に、種目を確認しながら一緒にやってみましょう!

①全身サーキットトレーニング

まず、1つ目は全身のサーキットトレーニングです。種目内容は以下の通りです。

1set :フロントプランク
2set :ヒップリフト
3set :ナロープッシュアップ
4set :フロントプランク
5set :ヒップリフト
6set :ナロープッシュアップ
 

鍛えられる筋肉

【お腹】腹直筋 【上半身】大胸筋、三角筋、上腕二頭筋 【下半身】大殿筋
 
 
体幹→下半身→上半身を順番に効かせていきます。全身を満遍なく使っていくサーキット編成なので、トレーニング後にはジワーッと汗が吹き出てくるかと思います。
 
 
もし、まだできる!という方は、各セット間に「足踏み運動(立った状態」を20秒間入れてみましょう!有酸素運動の要素が加わり、さらに発汗を促すことができます。
 
 

②背筋&腹筋サーキットトレーニング

続いて、背筋(背中の筋肉)と腹筋をメインに動かすサーキットメニューです。種目内容は以下の通りです。

1set :バックエクステンション
2set :ツイストプランク
3set :マウンテンクライマー
4set :バックエクステンション
5set :ツイストプランク
6set :マウンテンクライマー
 

鍛えられる部位

【背中】脊柱起立筋、広背筋 【お腹】腹斜筋
 
バックエクステンションでは、背中の筋肉を。ツイストプランクでは、体を左右に捻ることによりわき腹に当たる「腹斜筋」を集中的に鍛えることができます。
 
また、最後のマウンテンクライマー有酸素運動の要素も入れることで、全身の発汗を促します。しっかりと追い込めるトレーニング構成となっているので、ぜひ6セットやりきってみましょう。
 
 

③全身ストレッチ

最後にご紹介するのは、少し変わり種。全身のストレッチで発汗を促します。正確には、このストレッチにより汗が出るというよりは、「血流が良くなり発汗しやすくなる」という表現が合っています。

1set :お尻ストレッチ(左)
2set :お尻ストレッチ(右)
3set :脇腹ストレッチ(右)
4set :脇腹ストレッチ(左)
5set :背骨ストレッチ
6set :背骨ストレッチ

 

伸ばされる部位

【お尻】大殿筋 【お腹】腹斜筋 【背骨】胸椎
 
お尻とわき腹の筋肉は大きなサイズの筋肉かつ、硬くなりやすい部分です。この部位は体幹、股関節の動きに大きく関与するので、ストレッチをすることで体が動かしやすくなります。
 
 

終わりに

いかがでしたでしょうか?

本日は、【夏バテ撃退】汗を流して体温調節!発汗トレーニング3種目と題して、自宅でも簡単に行えるメニューをご紹介いたしました。

 

記事でもお伝えした通り、汗腺の機能は年齢やエアコンなどの環境により、機能低下を引き起こしてしまいます。夏バテの原因は、食事や気温の高さだけでなく、発汗機能も関わるということを知っていただけたら幸いです。

 

暑い時期が続いておりますが、体調など崩さぬように水分補給や睡眠、普段の生活習慣に気を使っていきましょう!本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 


 

オンライングループトレーニング開催中!

ポイント①

アスリートの実践知と理学療法士の医学的知見を融合させてできたオリジナルのトレーニングメニュー。100種類以上のたしかなメニューで飽きずに運動ができる!

ポイント②

見本となるトレーナーと、動作チェックをするトレーナーの2名体制による徹底サポートで、自宅にいながら正しい動きでより効果的な運動ができる!

ポイント③

トレーニング内容はもちろん、肩こり・腰痛などの体の悩みの相談や、食事内容の相談など、トレーナーと気軽にチャットができる

【開催曜日】毎週 月曜、水曜、金曜
【時間帯】21:00 ~ 21:30
【内容】D’ACTIONトレーナーによるグループトレーニングレッスン
【費用】月額5,000円 ※最大12回/月まで受け放題

 

【お問い合わせ先】

こちらにお気軽にご連絡ください。

LINE Add Friend
 

表参道パーソナルジム D'ACTION

ビジネスマン・ウーマンの毎日の好調作りをサポートするコンディショニングダイエットジム。
体の構造のプロである理学療法士がコンディショニングトレーナーとして、また、トレーニングのプロである現役アスリートがメニュー考案からトレーニングセッションまで行います。

健康
この記事をシェアする
D'ACTIONをフォローする
D’ACTION Trainer Blog
タイトルとURLをコピーしました