無料カウンセリング・体験トレーニングはこちら

【腰痛の人向け】座ったままラクラク!腰痛解消ストレッチ5選 #159

健康
この記事は約4分で読めます。

はじめに

こんにちは。

表参道パーソナルジムD’ACTIONです。

 

本日は、【腰痛の人向け】座ったままラクラク!腰痛解消ストレッチ5選というテーマで記事を書かせていただきます。

 

長時間の座り姿勢で腰が痛い…
夕方になると体がダルい…
リモートワークで運動不足…
こんな方々はぜひ本日のブログをお読みください!
 
 

腰痛解消のポイントは?

腰痛解消のために、まず伸ばしたい筋肉の部位は、主に「お尻」「太もも」「背中」の3つです。

 

これらの筋肉が硬くなってしまうことにより、体の可動域が狭くなってしまいます。すると、腰の負担が増えてしまい「腰の痛み」という症状になって体に現れてしまいます。

 
特にデスクワーカーの方々は、1日の中で体を伸ばす機会を意識的に作らないと無いかと思います。本日は、この3部位をしっかり伸ばすストレッチを一緒に行っていきましょう!
 
片側30秒間、ゆっくり深呼吸をしながらストレッチすることを意識してください。
 

腰痛解消ストレッチ5選

1)お尻の4の字ストレッチ

1.椅子に座って片足を反対側に乗せて、4の字を作る

2.体を前に倒していくと、お尻が伸びる

横から見るとこんな感じ

あまり姿勢は気にせず、しっかり前に倒しましょう。深呼吸を忘れずに。

2)太もも裏側のストレッチ

1.片足を前に出してつま先を上げる。膝は軽く曲げておく。

2.両手でつま先をキャッチすると、もも裏が伸びる。

前から見るとこんな感じ。

両手で触るのがキツイ方は片手でもOK!

3)太もも前側のストレッチ

1.椅子から片足を出して、膝を曲げる。

2.出した側と同じ手で、足首をキャッチする。

3.姿勢をピンっとして、足を後ろに曲げると太ももの前が伸びる。

前から見るとこんな感じ。片足を椅子から出す。

伸ばすときは体が曲がっていてもOK!

4)太もも内側のストレッチ

1.両足を横に大きく開く。

2.両肘で膝をタッチして、体を前に倒す。太ももの内側が伸びる。

伸びる位置は指差してる辺り。

横から見るとこんな感じ。やや姿勢をピンっとした方が伸びやすい。

5)背中のストレッチ

1.片足を前に出す。

2.足の外側を、反対側の手でキャッチする。

3.足をキャッチしたまま、体を後ろに引っ張ると背中全体が伸びる。

指差している辺りをキャッチすると良い。

横から見るとこんな感じ。体全体を丸めながら、後ろに引っ張ると伸びやすい。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

 

本日は、【腰痛の人向け】座ったままラクラク!腰痛解消ストレッチ5選というテーマで様々なストレッチをご紹介させていただきました。

 

ストレッチは腰痛や肩こりなど不調の改善はもちろん、気持ちのリフレッシュや切り替えとしても非常に効果が高いです。ぜひ、自宅で仕事をされている方々の合間にも活用していただきたいです!

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

オンライントレーニング実施中!

ポイント①

アスリートの実践知と理学療法士の医学的知見を融合させてできたオリジナルのトレーニングメニュー。100種類以上のたしかなメニューで飽きずに運動ができる!

ポイント②

見本となるトレーナーと、動作チェックをするトレーナーの2名体制による徹底サポートで、自宅にいながら正しい動きでより効果的な運動ができる!

ポイント③

トレーニング内容はもちろん、肩こり・腰痛などの体の悩みの相談や、食事内容の相談など、トレーナーと気軽にチャットができる

【開催曜日】毎週 月曜、水曜、金曜
【時間帯】21:00 ~ 21:30

【内容】D’ACTIONトレーナーによるグループトレーニングレッスン
【費用】月額5,000円 ※最大12回/月まで受け放題

 

【お問い合わせ先】

こちらのQRコードから、お気軽にご連絡ください。

表参道パーソナルジム D'ACTION

ビジネスマン・ウーマンの毎日の好調作りをサポートするコンディショニングダイエットジム。
体の構造のプロである理学療法士がコンディショニングトレーナーとして、また、トレーニングのプロである現役アスリートがメニュー考案からトレーニングセッションまで行います。

健康
この記事をシェアする
D'ACTIONをフォローする
D’ACTION Trainer Blog
タイトルとURLをコピーしました